AGA治療体験備忘録

ミノキシジルタブレッドの減薬を試みようと思います

投稿日:

どうもフサリンです。

今すぐにと言うわけではないのですが、何処かのタイミングでミノタブの減薬テストを行ってみようと考えています。今現在ミノタブを再開して二ヶ月が経過しました。てっぺんのハゲ部分は順調にこおくなっていますし、腕や第二関節、頬、ひげなども順調に濃くなっています。

鼻毛もミノキシジルタブレッドの効果のおかげで伸びまくりです。手入れが大変になってきました。

 

さてそんなミノタブですが、少し落ち着いたら減薬を試みたいと思う用になりました。思い返せば本年2018/6/18にミノタブ一周年を気に休止という行動を取りました。その後三ヶ月経過して、薄毛が進行している事実を察知して再開を決断したのは記憶にあたらしいところです。

なぜ同じ行動を取るのかと言うと好奇心です!

 

これやったらどうなるのかな?

というワクワク感ドキドキ感が抑えられません。。。。。

 

ただし次回は、一気に服用を止めるのではなくて減薬です。具体的には2日に一回というサイクルで服用したらどうなるのかな???と興味を持っています。

実験の時期は未定ですが、少なくとも今のミノタブ服用は一年継続したいと考えているので早くても2019年10月以降になりそうです。

 

少なくとも今の状態(うっすらハゲ)を脱却して精神的安定を取り戻さないと実験なんて出来ません。というか安定を求めるのであれば実験なんて無謀なことするべきではないのですが、、、、どうにもこうにも好奇心が安定を勝ってしまいます。

 

好奇心>精神的安定性

 

この図式ができあがっちゃうんですね・・・・

性格的なものなのでもう誰に求められません。止める人もいませんが・・・・

 

今のミノタブ在庫が174錠あります。順調に服用していけば、2019/6/14全在庫を消化したことになります。この段階で239日の服用期間になるので、365日には届きません。おそらく来年の春頃にもう一度ミノタブを購入して2019/10/18まで服用を継続することになります。

その段階でボーボーのフッサー状態だったら減薬を行い状況経過を観察していきたいと思っています。

予測

普通に考えて、髪の毛のボリュームが減ると思います。

ただしその減り方のカーブが一気に止めたときよりも緩やかになるのではないかなと思います。つまり薄くなる時期が一気にやってくるというよりは徐々に徐々に時間をかけてやってくるという感じだと予測しています。

「あ!やべハゲてきたかも・・・」

と気づく時期が半年後くらいだと思うんですね。これは単純に、今年ミノタブを休止した時にヤバイと感じた期間の倍という計算です。単純にこうなるとは思えないですが、その時同時期が変化するかも気になるところです。もしこれであんまり変わらないようであれば、そのまま減薬しても良いかなと考えています。

 

また、減薬→定常服用に切り替えた時初期脱毛はやってくるのか?ここも興味のあるところですね。私の予測ではあると思っています。まあいろいろ観察すべきポイントはありますが、まずは今の毛をシッカリ生やして実験できる状態に持っていきたいと思います。

とりあえず遠い将来にこんな実験を計画していますという報告でした。

-AGA治療体験備忘録
-, ,

Copyright© フサリンのAGA革命ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.